カラコンを付ける時は裏表に注意しよう!

カラコンはきちんとケアしてこそ利用したほうがいいものです。
目に直接つけるものですので、ケアせず付け続けていると大変なトラブルを抱えることになってしまうことがあるので、注意しましょう。

まずカラコンを付けたことがない人は、必ずカラコンには裏表がありますので、間違えないように装着することが大切です。
指の上に乗せた時に、外側にそってしまう時には、裏返しになっている可能性が高いので、もう一度反対側にして表の状態になおすことが必要となってくるでしょう。
裏の状態で目に入れると痛い場合がありますので、多少分かるかと思いますが、裏の状態のまま間違って装着していると、目が傷ついてしまう場合もありますので、必ず確認することをオススメします。