包茎手術のデメリットや怖い噂は本当なのか?

包茎手術のデメリットとしては、まずは手術によって傷跡が残る可能性があるということです。
手術の方法や病院によっては、手術をした後に傷跡が残ってしまいますから、その傷跡がコンプレックスになってしまうようなことがありますので、注意が必要です。
また、保険適用されない時がありますから、手術の値段が高くなってしまったりすることもありますし、皮の切除によって勃起時につっぱったりするようなことがあったり、感度が悪くなってしまったというようなことがあったりします。
また、治療直後には傷口が痛くなったり、性行ができないなどといったこともありますので、手術の際にはこれらのデメリットをよく認識したうえで手術を行うことが大切です。
包茎手術で失敗?俺のリアル体験談と術後【2ch口コミは嘘?】