住宅ローンを借り換えるときのメリットとは?

住宅ローンの借り換えにおけるメリットとは、もちろん住宅ローンの総支払い額が少なくなるという点です。
ではどの辺りでそれを判断するかといいますと、よく言われるのが「1%、1000万円、10年」という3つのワードです。
つまり支払い期間がまだ10年以上残っており、支払い額が1000万円以上残っている、また現在利用している住宅ローンと、借り換えを検討している住宅ローンの金利の差が1%以上ある、ということです。
もちろんこれらをパーフェクトに満たしている必要がある訳ではありませんが、ひとつの目安としてはこの3つの項目をチェックしてみると良いでしょう。
ただし住宅ローン借り換えの際には、諸費用も必要になりますので、その点もしっかり計算に入れておいてください。
諸費用が安い銀行を比較して住宅ローンを借り換える